申込書の記載

消費者金融でキャッシングをするには、まず申込書に記載をしないことには始まりません。申込書に記載をし、それを提出することで借入審査が始まるわけです。したがって、審査の合否を占う上でも申込書は一番重要ということです。

申込書の記載項目は、まず第一に氏名と生年月日、現住所になります。身分証明の提出も必要なことから、もしも虚偽の氏名を記載していると、審査で落とされることになります。また、住所のない住所不定者なども審査には通りません。

そして次は勤務先の記載になりますが、これも虚偽の勤務先を記載していると在籍確認をとられますので、すぐにバレてしまいます。もっとも最近は大手の消費者金融でもweb完結審査で在籍確認無しの場合がありますので、よく確認されてから記載してください。

勤務先の記載に加えて年収を記載します。これは手取りの額ではなく、総支給額を記載しましょう。少しでも多いほうが信用も高くなります。ちなみにパートやアルバイトといった年収の低い方でも、きちんとした定収があれば審査には通りますので安心してください。

以上のような申込書に記載をすれば、あとはキャッシングの申し込みをするだけです。申込書については、web申し込みでも金融会社の窓口審査でも、記載をする項目は同じです。

絶対借りるための条件